電話ベタな人はこうすればいい!

交換手が応対したりダイヤルを回していた電話は、やがてプッシュ式が主流になり、多機能が付くなど進化しています。

今も進化している電話機

先日某所で、まだ現役で使用しているダイヤル式の黒電話を見ました。ベルの音が大きいことや、電話をかける時のダイヤルを回すジーッという音など、昭和レトロと呼んでも良さそうなものでした。昔の電話を見ると、今の通信機器がいかに進化しているかが分かります。若い人だと、ダイヤル式電話の使い方が分からなくて戸惑うこともあるようです。生まれた時にはもうプッシュ式が当たり前だった世代なら、仕方がないことだと思います。少し年配の人によると、昭和40年代中ごろまでは自動交換ではなく、電話をかけると交換手が出たそうです。都市部では早くから自動交換化している所もありましたが、田舎は遅かったようです。

自動交換ではない電話は、受話器を取ると交換手が応対に出ます。何番にお願いしますと依頼して、つないでもらうとようやく相手の所に電話がかかります。時々、電話局に勤める友人が応対に出て、雑談していたなどという話も聞いたことがあります。その後徐々に自動交換になり、今は当たり前になりました。ダイヤルを回していた電話も、今はプッシュボタンが普通です。固定電話でも、通話以外の様々な機能が付いているのも珍しくありません。今後電話はさらに進化して、より便利になるのかもしれません。

WEB・通信サービスの色々なハテナを解消します

Copyright (C)2016 電話ベタな人はこうすればいい! All Rights Reserved.